HIROKIM BLOG / 望月優大の日記

見えているものを見えるようにする。

米大統領令による入国禁止措置についてのロイター世論調査の詳細

ロイターによる外国人や難民の入国に関する大統領令についての世論調査結果が話題になっている。

入国禁止49%賛成 反対41%を上回る 米世論調査:朝日新聞デジタル

世論調査を行ったロイター自身の情報を見たほうが良いと思ったのだが、日本語記事が見当たらなかったので、こちらのロイター英語記事を参照しながら世論調査の結果をメモしておく。

Exclusive: Only a third of Americans think Trump's travel ban will make them more safe | Reuters

「入国禁止についての態度 (Attitudes on immigration ban) 」と題されたこの世論調査は合計3問の質問からなっており、ロイターが調査会社のIPSOSと共同で実施したようだ。サンプルサイズは民主党支持者が453人(信頼区間5%)、共和党支持者が478%(同5%)で、合計1201人(同3%)との記載がある。

問1:大統領令に賛成か反対か
問2:大統領令によってより安全になったと感じるか否か
問3:大統領令は対テロリズムの方法として良い見本か悪い見本か 

こちらが調査結果だが、日本語にするとともに、数字に書き下していく。一つ一つの質問や回答の数値を順々に読んでいくことで考えを深めることができる。

f:id:hirokim21:20170201122107p:plain

問1:大統領令に賛成か反対か

f:id:hirokim21:20170201122655p:plain

<質問>

"Do you agree or disagree with the Executive Order that President Trump signed blocking refugees and banning people from seven Muslim majority countries from entering the U.S.?"

あなたはトランプ大統領によって署名された難民及び7カ国のイスラム教徒が多数を占める国々の人々の米国への入国を禁止する大統領令について賛成ですか反対ですか?
<回答>
民主党支持者
賛成:23%
わからない:7%
反対:70%
共和党支持者
賛成:82%
わからない:5%
反対:5%
合計
賛成:49%
わからない:10%
反対:41%
 

問2:大統領令によってより安全になったと感じるか否か

f:id:hirokim21:20170201122725p:plain

<質問>

"What comes closer to your opinion? Because of Trump's travel ban, I feel more safe / less safe."

どちらがあなたの意見に近いですか? トランプによる渡航禁止によって、私はより安全だと感じる / 私はより安全でないと感じる。

<回答>
民主党支持者
より安全:10%
わからない:42%
より安全でない:48%
共和党支持者
より安全:58%
わからない:34%
より安全でない:8%
合計
より安全:31%
わからない:43%
より安全でない:26%
 

問3:大統領令は対テロリズムの方法として良い見本か悪い見本か

Total
 
Less
26%
 
Don't know
43%
 
More
31%

f:id:hirokim21:20170201122745p:plain

<質問>

"What comes closer to your opinion? Because of Trump's travel ban, I feel America is setting a good example / bad example of how best to confront terrorism"

どちらがあなたの意見に近いですか?トランプによる渡航禁止によって、どのようにすればテロリズムに最もうまく対抗するかについて、私はアメリカが良い見本を示したと感じる / 悪い見本を示したと感じる。

<回答>
民主党支持者
良い見本:14%
わからない:16%
悪い見本:70%
共和党支持者
良い見本:68%
わからない:19%
悪い見本:14%
合計
良い見本:38%
わからない:22%
悪い見本:41%
 

いくつか言えること

  • 大統領令について民主党支持者は反対多数(70%)、共和党支持者は賛成多数(82%)。民主党支持者の23%が賛成というのは、それなりに多いと感じる。
  • 共和党支持者のうち、大統領令に賛成したのは82%だが、それによってアメリカが安全になったと感じているのは58%。対テロリズムの良い手法だと考えているのは68%。賛成した人すべてがより安全になった、対テロリズムの良い手法だと考えているわけではない。
  • 一つの世論調査の結果なので鵜呑みにはできないが、大まかな傾向として、二大政党支持者間での大統領令に対する態度の分断は現実に存在している、ということは言っても良さそうだ。それほど顕著な数値の差が出ていると思う。 
  • ただ、アメリカ国民全体として見ると、大統領令への賛成は49%、より安全になったと感じているのは31%、対テロリズムの良い手法だと考えているのは38%と過半数を下回っている。特により安全になったと感じている割合が低く出ているのが印象的ではある。

関連記事

今回の大統領令について

その他

プロフィール

望月優大(もちづきひろき) 

f:id:hirokim21:20160904190326j:image
慶應義塾大学法学部政治学科、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(ミシェル・フーコーの統治性論/新自由主義論)。経済産業省、Googleなどを経て、現在はIT企業でNPO支援等を担当。関心領域は社会問題、社会政策、政治文化、民主主義など。趣味はカレー、ヒップホップ、山登り。1985年埼玉県生まれ。
Twitter @hirokim21
Facebook hiroki.mochizuki