読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIROKIM BLOG / 望月優大の日記

見えているものを見えるようにする。

日本語ラップは社会を歌う。いま聴いてほしい5つのパンチライン。

フリースタイルダンジョンのおかげで、大好きな日本語ラップがにわかに盛り上がっているようです。素晴らしい!「ラッパーってこんなことできるのか」ってびっくりしている人がたくさんいると思うので、自分が好きなリリシストすぎる日本語ラップを5曲紹介したいと思います。こんなに時代や社会を歌えるジャンルってほかにあるのかなってくらい日本語ラップの世界は広く、深いです。ぜひ多くの人に知ってほしい!

 

f:id:hirokim21:20160213135035p:plain

 

(ちなみに、フリースタイルダンジョンまだの人はまずこの神回から始めてみてください。)

 

それでは早速1曲目から紹介していきます。(YouTubeのコメ欄で歌詞を書き起こしてくださる方々ほんとうにありがたい!)

 

①My Name is GOMESS 人間じゃねえ(人間失格 / GOMESS)

あまり説明しすぎるのも野暮なのですが、GOMESSは自閉症を抱えるラッパーです。そのこと自体をラップで歌うこともあって、その代表曲がこちら。「My name is GOMESS 人間じゃねえ」ってパンチラインがとにかく強すぎる。彼から見たこの社会。

母さんが教えてくれた この本に書いてある どうやらオレは普通じゃないらしい
友達も言ってた 障害者だって オレがおかしいんだってね なるほどね
後から思えば ここからさ 幸せな日々よ ありがとう さよなら

普通じゃねえって 並外れてる みんながいってる 障害者のクズです
バカにしてる カモにしてる あいつはアタマがイカレテル
My name is GOMESS 人間じゃねえ 孤独の世界から いつも見てる
笑って 泣いて 怒って 泣いて 人に紛れて もう18年 

 

②洗濯物干すのもヒップホップ(My life / ZORN)

個人的な暮らしを歌ってるだけなんですが、自然とその外側の社会を感じさせるし、「My life」なんだけど、誰にとってもこんな日常が流れてるよなあっていう普遍性を感じさせる名曲だと思います。下では紹介してないんですが、後半に「洗濯物干すのもヒップホップ」ってパンチラインが出てきてみんなやられたはず。ビデオも最高。

繰り返しの生活 目をこすり開ける玄関
朝から晩 ただ働く 月~土まで また変わらず
いつも汚れた作業着 一服するタバコと缶コーヒー
思い通りにいかぬ日常に ふてくされに似た憤り
また言い聞かす これはまだ序章 高く飛び上がる為にある助走
昼休憩は嫁の弁当 俺より朝早くありがとう
冬は寒い 夏は暑い それでも夕焼けが素晴らしい
地味で泥臭い毎日 実家で野菜貰う帰り道

大体こんなもんさMy Life 昨日も今日もまあ変わりない
なんにもいいことなんて無い でも言葉に出来ない感謝に愛
信じたいものを信じたい 守りたいものを守りたい
題名なんて付いてない日 握る小さな手とMIC 

  

③砂利とトタンと光化学スモッグ(寒空 / BRON-K)

相模原のクルーSD JunkstaのBRON-Kのソロ。相模原って祖父母の家があって小さいときよく行っていたんですが、そこはとてものどかで、すぐ近くにこんな世界があるって全然知らなかった。

乾いたジャリ道 蹴って走るstreet トタンに囲われた町 しみる冬の風 白い息
坊主頭にフード 黒ずくめの服 俺はドロボーか? うすぎたねー風貌
面倒くせーことは避けて ここまで何ひとつやりきった 覚えがねぇ 自信ねぇ
凍えた手じゃペンも握れねぇ ひざまづいてPRAY祈るだけ 無駄なGAME
バックボーン 背には生まれ育ったエリア 何もでけーことは言わねぇ 目の前が全てだ
子供の泣く声 「よしよし」 俺もこれからだ 努力次第で道はいくらでもある
望む理想は高く 母の乳は甘く 現実は苦く イラつき 力ねぇ自分を磨く
道のりはチクタク短けぇ 無駄口にチャック もがいて四苦八苦 冬が過ぎるのを待つ

あー見上げる空のむこう 雲の上つかめねー 山のてっぺんの方
ジャリとトタンと光化学スモッグ 吸って育った相模 南の方
あー追いかける CASH FLOW 下腹の欲望 出口はどこにある
舞谷港 ニコチンにアルコール すすって育ったこの町でずっと

 

④でも居ても立ってもいられねぇよ(But This is Way / S.l.a.c.k, TAMU, PUNPEE, 仙人掌)

3.11の2日後に書かれたこの曲。東京から発信されたこの曲、ビデオはなくて音源だけなのですがぜひ聞いてほしいです。4人とも素晴らしいのですが、個人的に4人目の仙人掌のバースが一番好きなので紹介します。

使命感なんてマジだりぃ 人の為と書いて読む偽り
でも居ても立ってもいられねぇよ 皮肉なもんだペンがやたら走る
SOILの連中の顔が浮かんだぜ 仙台の礼はまだ返してねぇ
こっちの安全確保はOK 家族 Friends 言葉残すこのペン
どの道 Stay Strongじゃなきゃってことだ 先へ進むこの針は戻らん
張り裂けるような胸 神が与えた試練 誰の意見なんて知らねぇよ
全てさらう 俺らを襲う波乱 常に味方だぜ 越える一山
忌々しい情報も錯綜 たつREFUGEE 無事知らせる発煙筒
こちらは東京 yo hello 声聴こえるかい 俺はここ そっちの無事を空に祈る

 

⑤ラスボスはどこにもいないんだ(The Choice Is Yours / RHYMESTER)

音楽に限らず、カルチャーが政治や社会を語るとどうしても「安易なカウンターポジション」を取ってしまいがち。「保守的なおじさん」でも、「批判しかできないクソガキ」でもない、「ポジティブな大人」の姿を示した40代ラッパーの大名曲。ラスボスはどこにもいない。

汚れたマネー 腐った官僚 腐った政治家に大企業
腐った国家 日本株式会社 ヤツらが悪い 俺は被害者
大人が悪い 子供が悪い ゆとりのせいでアタマが悪い
教育が悪い 行政が悪い 巡り巡って大人が悪い
じゃ、悪い大人を代表し言ったろう タブーを解放し
この世界はそんな単純じゃないんだ ラスボスはどこにもいないんだ
所詮カネか? 誰かの陰謀か? そりゃ解り易いがそれだけじゃないな
騒ぎ出す外野 揺れるガイア 誰がメサイア? 誰がライアー? 

選ぶのは君だ 君だ
決めるのは君だ 君だ
考えるのは君だ 他の誰でもないんだ
さあ、歌いな La la la... the choice is yours

 

番外編:安い弁当を食う(鉄工所ラップ)

始めて聴いたときは衝撃を受けました・・・特にこの「安い弁当」の第3バース。ぜひ聴いてみてくださいませ。

税金を払うためだけにオレ達は生きてねぇ
何度も同じ事を繰り返し 身に付けた技術
1000分の1ミリの鉄の段差を手に触れるだけでわかる男
鉄の部品を磨き続けて鏡のように仕上げる男
同じ作業を繰り返し過ぎ 手に変なタコができた男
雑音の中 耳を澄まして鉄の削れる音だけを 聴く男
臭い油にまみれて 危険と隣合わせで
安い弁当を食う 安い弁当を食う 安い弁当を食う 安い弁当を食う

 

ぜひたくさんの日本語ラップを聴いてみてください!

ありがとうございました〜。

プロフィール

望月優大(もちづきひろき)

f:id:hirokim21:20160311005954j:plain
慶應義塾大学法学部政治学科、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(ミシェル・フーコーの統治性論/新自由主義論)。経済産業省、Googleなどを経て、現在はIT企業でNPO支援等を担当。関心領域は社会問題、社会政策、政治文化、民主主義など。趣味はカレー、ヒップホップ、山登り。1985年埼玉県生まれ。
Twitter @hirokim21
Facebook hiroki.mochizuki