読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIROKIM BLOG / 望月優大の日記

見えているものを見えるようにする。

【ハイパーリンクチャレンジ2015】今年最も勇気をもらった記事。望月優大

ESSAYS MEDIA

こんにちは。スマートニュースの望月です。ジモコロの徳谷柿次郎さんから「ハイパーリンクチャレンジ2015 #HyperlinkChallenge2015 」のバトンが回ってきました。

 

 

「2015年で一番印象に残った記事をみんなで決めよう」という企画だそうです。ひとり2つ選ぶことができて、そのうちのひとつは自分が関わったものを選ぶ、というルールとのこと。企画概要は以下の通り。

 

【開催趣旨】

「SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・なお、「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

 

ぼくはライターでも編集者でも何でもないので恐縮というか恐怖しているのですが、とても素敵な企画だと思ったので、勇気を出して参加してみます。

 

ということで、今年最も「勇気」をもらった記事を選んでみました。誰かから「がんばれ」とか「本気出せ」とか面と向かって言われてもなかなか難しい。でも、その誰かがとても美しいポリシーに従って行動していたり、何かに向かってがむしゃらに頑張っている姿を見せてくれたら、自分もがんばろうと思えるときもある。それが勇気だと思っています。

 

今年最も勇気をもらった記事。

あえてTwitterの投稿を紹介させてください。 パリのテロ事件があってすぐにドミニク・チェンさんがフランス語から日本語に翻訳した事件遺族からの手紙です。遺族から、テロリストに対する手紙。未読の方はぜひご一読を。

 

日本語の記事を日々読みながら暮らしているからこそ、外国語で書かれた素晴らしい記事を読むこと/読めること/読めるようにすることの大切さを感じます。手紙を書いたアントワンヌ・レリスさん、翻訳したドミニクさん、Mediumというブログプラットフォーム、Twitterでの4000回近いリツイート、これらすべてが連なって数多くの人にこの文章が読まれたということにとても大きな勇気をもらいました。

 

今年書いたもの。

編集者でもライターでもないので、自分のブログくらいしかなくて、、ほんとにすみません・・・orz。「一億総活躍担当大臣」ってなんかとんでもないなって思ってとっさに書いた記事です。

 

あと、いま新しいチャレンジをしているので紹介させてください。SmartNews  ATLAS ProgramというNPO支援プログラムを運営しています。全国10のNPOに100万円分の広告枠を提供して、一緒にマーケティングキャンペーンを企画・運用するというプログラムです。その関連で、それぞれのNPOの方に現場でお話を伺い、スマートニュースのコーポレートブログで連載する「アトラス日記」という企画をやっています。つたない文章ですが、それぞれのNPOの活動の背後にある社会問題まで含めて書いていますので、もし良かったら読んでみてください。ぼくはNPOの皆さんからも日々大きな勇気をもらっています。

 

世界中に安全な水を届ける仕事:NPO WaterAid Japan〜アトラス日記 vol.2〜 | スマートニュース株式会社

8300枚の棚田を一枚ずつ再生していく:NPO英田上山棚田団〜アトラス日記 vol.3〜 | スマートニュース株式会社

 

バトンを渡します。

  • CAREER HACK 田中嘉人さん @yositotanaka
    最近仲良くなったよっしーさん。柿次郎さんのギリギリな半生をギリギリに描いた素敵なお方。
  • nanapi 長島健祐さん @genmaii
    イケてるしヤバい男 長島さん。実はSmartNews ATLAS Programの大切なパートナーとして一緒にNPO支援に取り組んでいます。
  • KitchHike 山本雅也さん @yamamoto_masaya
    世界の食卓から世界平和を想像する雅也さん。独自の視点で選んでくれそう。

もしお時間&ご関心あればぜひ!

 

柿次郎さん、素敵な機会をありがとうございました〜。